MENU

短期間で大人ニキビを改善!

私は中学生の頃に思春期ニキビができ始め、大人になって大人ニキビに悩まされました。

 

 

思春期ニキビは18歳になって自然と消えていきましたが、ストレスのせいですぐに大人ニキビができ始めてしまいました。

 

 

思春期ニキビは思春期が終わるとともに自然と消えていくのですが、大人ニキビは厄介なことに治りにくく再発しやすいのです。

 

 

頬や顎、こめかみが特に酷く、コンシーラーでも隠せないくらいでした。

 

 

乾燥肌でリキッドファンデーションを塗っても肌に馴染まずムラになってしまいます。

 

 

ファンデーションを厚塗りしているせいで顔色が悪く見えるし、肌がテカってるせいで汗をかいてるんだと心配されてこともあり、本当に自分の容姿がコンプレックスでした。

 

 

その頃の私は、ニキビのケアを全くしなかったわけではありません。

 

 

たくさんニキビの改善方法や薬用ケアグッズを試してきましたが、悪化するばかりでした。

 

 

ですが、ある日から突然ニキビが減り始めたのです。

 

 

私はストレスのせいで暴飲暴食をしてしまい、体重が増えたので食事管理をしてダイエットを始めることにしました。

 

 

食事管理の内容はこんな感じです。

 

 

【朝食】
レンジで温めた豆乳をコップ1杯

 

【昼食】
昼食はカロリー制限をせずにいつも通り。

 

【夜食】
スープ、野菜、肉or豆腐

 

 

揚げ物やお菓子は1週間に2回程度に制限しました。

 

 

全体的に見るとかなりカロリーが低くなっていますが、空腹感はありませんでした。

 

 

この食事を1か月続けたところ、体重は4キロ減らすことができました。

 

 

そして変化したのは体重だけではありませんでした。

 

 

なんと8年間悩み続けたニキビが目立たなくなっていったのです。

 

 

体重を減らすために行った食事管理は大人ニキビにも効果が現れました。

 

 

ニキビが改善した理由は3つありました。

 

 

1つ目は朝食に飲んでいた『豆乳』です。

 

 

豆乳には大豆イソフラボンという栄養素が含まれています。

 

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きを持っているため、美肌効果が期待できます。

 

 

そして豆乳は代謝を上げてくれるので便秘を予防して、ニキビができにくくなるのです。

 

 

2つ目は『温めた』豆乳とスープです。

 

 

温めることにより、満腹感を得ることができます。

 

 

そのため自然と食事の量を減らすことができるので、ニキビの原因となる塩分と糖分を控えることができます。

 

 

温めているので、冷え性対策にもなります。

 

 

3つ目は揚げ物を控えるようになったからです。

 

 

以前の私は揚げ物を食べる機会が多かったので、ニキビができやすい肌になっていました。

 

 

揚げ物を減らしてからはニキビができにくい肌になり、肌がテカることもなくなりました。

 

 

そして野菜をとるようになって乾燥しなくなりました。

 

 

食事がこんなにも肌に影響しているんだと勉強になりました。